fc2ブログ

    FXリアルタイムサイン - FX 2023 ロウソク足だけで勝つトレード手法

    FXリアルタイムサイン

    ■□■→ FXロ鉄板トレードは週利で増やすのが目的です。
    ■□再現性の高い売買サインツールです。

    ■裁量は入れないでください。
    当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。


    散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。
    ---------------------------------------------------------
    売買サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。
    → こちらからお願いします。
    ぜひご覧ください。→ https://fx25.jimdofree.com/

    GOLD、ビットコインもMT4で
    容易に判断可能です!
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ポンド円 売りサイン~EA稼働
    gbhba.jpg

    2時間足の陰陽から3本目、4本目で伸びています。
    リミットは最初は50pipsに設定します。
    上位足の3本目で伸びない場合は、通常通り15~30pipsで決済がお勧めです。

    リアルタイム売買サインは、

    ブレイクポイントと上位足ペアと1時間足が合致したポイントを基本とし

    て配信しています。超安全策による鉄板サインと考えてください。


    このタイミングで配信しています。
    https://blog-imgs-162.fc2.com/t/o/u/toushikuma/310ts.jpg
    https://blog-imgs-162.fc2.com/t/o/u/toushikuma/haishin.jpg


    リアルタイムサイン配信は、

    1月より152通貨配信し、8回損切となっています。

    配信数の中には、インジによる売買サインが出ずに、ノーエントリーになったものも含まれます。


    1時間足の逆ペア決済で、ストップを待たずに15pips以内の決済となっています。

    利益は、15pips利確の場合、計2280pips 損切 120pips

    4時間上位足合致で30pips~の利確を含めると、計3780pipsという

    経過になっています。損切は 120pips


    配信例 3/3

    ドル円 売り対象 136.479
    ストップ 136.768
    買い対象に切り替えるポイント136.768
    その場合のストップ 136.479
    リミット 50pips~


    ポンドドル 買い対象 1.1970
    ストップ 1.1952
    売り対象に切り替えるポイント1.1952
    その場合のストップ 1.1970
    リミット 50pips~



    「夜しかサインに対応できない」という方もおりますが、

    それであっても、計800pips以上残している方が多いです。


    「昼から夕方~」に対応できる方は、高パフォーマンスを実現し、

    福利を開始している方もいます。


    2時間~4時間のいずれかのペアブレイクの方向に合わせて売り買いサインを絞ります。
    それに応じて手動、自動エントリーする、という極めてシンプルなトレードです。

    このトレードルールを基本にしている方は、複利でロットを増やすことを実現しています。

    柱のルールとし、短期間に資金を膨らますことを目的とします。



    忙しい方であれば、1日50~100pips獲得を目安にしてください。(1通貨当たり)
    sam.png

    慣れるまで(ご自身でラインを引けるようになるまで)は、
    日々配信のブレイクポイントの黄色の丸の通貨のみトレード対象にしてください。





    #FXブログ #FX初心者 #FXデイトレ #FXシステム #FX売買サイン
    aaaaaa当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
    Copyright © FX 2023 ロウソク足だけで勝つトレード手法 All Rights Reserved.
    高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に通じている訳ではない高水準のリスクを伴います。
    外国為替取引を決定する前に、実目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
    当初投資の一部または全部を失うことがあります。
    したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。
    外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を
    求めてください。